本文へスキップ

工場を記録する会は東大阪市製造業事業所の活力を記録しています

平成28・29年度  東大阪市
地域まちづくり活動助成事業

あいさつ

 2013年3月に設立した「工場を記録する会」は、東大阪市域の製造業が培ってきた活力を発信するために記録活動を続けています。会の目標は「東大阪モノづくりミュージアム」を実現することです。「東大阪モノづくりミュージアム」は地域や企業の成り立ちをビジュアルで示し、ストーリーとして見せて、地域産業の歴史と企業活動の軌跡を学ぶ場として活用されることをめざしています。その機能は5点にまとめることができます。
@ 地域と中小企業の情報発信拠点
A モノづくり教育の拠点
B モノづくり観光の拠点
C 中小企業研究の拠点
D 産官学連携のサテライト

 リアルのモノづくりミュージアムをめざして当初はバーチャル版モノづくり工場ミュージアムをホームページで作成しました。上記@を準備するため2013年以来の記録を公開します。個別企業の歩みをふまえつつ、地域経済と産業の視点から歴史的に俯瞰して叙述したのが「東大阪地域経済の歴史」です。序に内容のポイントを記しています。

 個別企業は創業に至る経過をふまえて2つに大別できます。
〔東大阪地域の歴史に端を発する企業〕 渇ヘ内製綱所、小西製薬梶A癌V田工業所、潟Jツロン
〔大阪市内に発祥、あるいは大阪市内から移転してきた企業〕 潟鴻uテックス、褐ワ力工業、叶_山鉄工所、東田機工梶Aフジ矢梶Aレッキス工業梶A潟tセラシ、ニッセングループ、野田金属工業

 目標達成にむけての出発点で取り組んだのは、企業ミュージアム(ニッセングループのニッセンミュージアム、レッキス工業鰍フ展示室、潟鴻uテックスのR&Dセンター)を取材して理念と運営をまとめることでした。次に「モノづくり教育」と「モノづくり観光」の実践に学んで、@ABのコンセプトを実現する「東大阪モノづくりミュージアム」を具体化しました。


バナースペース

工場を記録する会

問合せ先
factory.museum2016*gmail.com
*を@に変えてご利用ください。